参入で学ぶ

説明する男性と女性

 団塊の世代が高齢者となった日本では、介護がこれまで以上に大きな課題となってきます。  かなり事業者の数は多くありますが、まだまだサービスを提供する事業者の数は今後のことを考えると少ないというのが現状といえるでしょう。  それでも行政からの認可を受けて進める事業の分野ですし、実際に利用者にサービスを提供しなければなりません。  介護分野に参入をしたいと思ってもなかなかそのハードルが高く感じられる場合もあります。  そこでFCに加盟することで、より容易に介護分野の事業を始めることを目指すようにしたいものです。  地域によって必要とされる事業は異なります。  地域ごとのニーズをしっかりとくみ取ってそれをサポートしてくれるFC本部と契約を結ぶようにしたいものです。

 介護事業はやみくもに始めるとかなりリスクがあります。  特にデイサービスやグループホームなど施設を伴う場合は施設の建設や賃貸契約も大がかりになりがちなので、事業の安定性はいっそう求められます。  たとえ小規模に訪問介護からはじめる場合でも、雇用した従業員や利用者が困らないようにするという責任が発生します。  FCに加盟することで、経営に関する様々なノウハウを手にすることができます。  また本部からのサポートや受けられるので、とても安心して事業を始められます。  また事業にはやはり知名度は大きなものですが、FCに加盟することで、そのネームバリューを活用することができることもとてもメリットの高いことといえます。 FCに加盟することで、スムーズに介護事業を始めるようにしたいものです。